【スマホ副業】堀之内勝人のモバカフェ/mobacafe口コミ評価 評判を徹底レビューしてみました。

【スマホ副業】堀之内勝人のモバカフェ/mobacafe口コミ評価 評判を徹底レビューしてみました。

特商法とはどんな法律?

time 2021/05/28

特商法は簡単に言うと、消費者が不利にならないように販売者に課せられる法律です。特に販売者と消費者のトラブルになりやすいのが、ネットショップでの商品売買や転売もしくはオークションを介しての金銭のやりとりです。

ネットショッピングは基本的に消費者が不利になりやすいです。
販売者と消費者のトラブルを未然に防ぐために、特商法は存在します。
特に、ネットビジネスにおいては転売、オークション、ネットショップ運営そしてハンドメイド商品の売買などの副業をスタートさせる場合には特商法について理解を深めておく必要があります。
特に、転売などの副業は通信販売としての扱いになるため遵守しなければならない内容については目を通しておく事が大切です。

特に重要なのは、6つの行政規制のうち一番最後の項目に書かれている内容です。具体的には「顧客の意に反して申込みをさせようとする行為の禁止」とあります。

つまり、消費者が必要ないと判断した商品やサービスを無理やり購入するように仕向けてはならないという内容です。
行政規制の他にも、契約キャンセルの申し込みに関する内容などが記載されています。

また、氏名や住所そして電話番号の記載も行う必要があるとされています。
実店舗は持っていなくても、商品を売買する以上は販売者として責任のある取引が望まれているという事になります。販売形態は違っていても、店舗を出店する事と大差ないと言えます。

基本的に、特商法は販売者よりも消費者に有利になる法律です。
ですが、きちんと特商法を守る事にとってネットビジネスを更に発展させる事が出来るようになります。

消費者は法律を守らない個人や業者から商品を買いたくないと考えている人が多いです。そのため、特商法についての記載をしっかりとしておく事は「私は法律を守っています」というアピールにもなります。
きちんとルールを守ったうえで運営しているショップだと判断されれば、顧客離れを防ぐ事が出来ます。
したがって、法律を遵守すればするほどネットビジネスは軌道に乗りやすいです。

特商法は、金銭と商品のやりとりを行う形の副業をする場合に必要となります。
今後、ネット副業が増えていく過程で特商法は重要な法律です。
しっかり内容を把握した上でネットビジネスの運営に集中すると良いです。副業といえども、自分のお店やブランドを出す事と重要度は変わらないので胸を張ってネットビジネスに着手すると上手くいくと考えます。